自律神経失調症を治して健康改善|治療法で病気を克服

心の健康を保つ

瓶に入った生薬

心と体に作用する

自律神経失調症は、日中に活発になる交感神経と夜間に活発になる副交感神経のバランスが崩れることで起きます。自律神経失調症の症状は、大きく分けて肉体的なものと精神的なものがあります。肉体的な症状には、疲労感や頭痛、めまい、火照り、便秘や下痢、動悸、耳鳴り、手足の痺れ、などがあります。精神的な症状には、不安や憂鬱、疎外感、ネガティブな思考、焦燥感、感情の起伏があるなどです。自律神経失調症の場合は、何か一つだけ強い症状が出るというよりは体にも心にも同じようにいくつかの症状が現れるようになります。そこで、漢方を使って治療することが良いと言われています。漢方には複数の症状に対処するという力があるからです。

飲み合わせに気を付ける

自律神経失調症のような心にも体にも複数の症状が出るような場合には、複数の症状に対処する漢方が良いと言われています。日本では、一般的に病院では西洋薬が処方されますが漢方と一緒に服用するのは良くないとされています。同じような作用を持つものの場合は、特に効果が強く出る可能性があるからです。その為、漢方を服用する時は薬の飲み合わせに気を付ける必要があります。また、特定の食べ物を避けたほうがより効果が発揮される場合もあるため飲み合わせだけでなく食べ合わせにも配慮しながら漢方を服用する必要があります。自律神経失調症の治療には薬をいくつも服用せずにより自然に症状を改善させたい場合に、漢方がよく使われています。